復活!住吉まつり

かつて住吉地区では小野田セメントが中心となって「住吉まつり」が盛大に行われていましたが、時代の変遷とともにその面影は薄れ、いつしか途絶えてしまいました。

家族の結びつきが薄れ、地域コミュニティーが崩れつつある今、地域の活性化と次世代の人達がよりよき郷土意識を育むことが求められています。このような中、小野田の発展につくした小野田セメントとその創設者笠井順八翁の功績を讃え、我が町を元気にし、地域の和と絆を深めるため、「世代を超えてつながる日」をスローガンに、まつり復活に向けて地域の有志が立ちあがりました。

2012年、復活!住吉まつりとしてよみがえりました。
継続して、2020年5月30日・31日復活!住吉まつりを開催する予定でしたが、
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、「第9回 復活!住吉まつり」の開催を中止いたします。
住吉神社での先人の遺徳を称える神事は、関係者だけで実施いたします。